メールレディにとってちょっと面倒な会員さん=困ったさんによくある「リアルのメールアドレス(電話番号)教えて!」攻撃。
メールを送ってくれるのはありがたいけど、しつこいとちょっと疲れちゃいますよね。
うまーく回避しながらメール回数も増やせちゃうメール技を教えちゃいます。

メルレをしていると、とにかくいろんなタイプの会員さんに出会います。
素直なまっすぐタイプ、甘えん坊の年下タイプ、Sっ気の強いタイプ、とにかく長文で一気にいろんなことを伝えたがる人もいれば、短文だけどながーく会話を楽しみたい人まで様々。
こういった個性のある会員さんはメールをしていても楽しめるので問題ないのですが、注意したいのが
「電話番号教えてよ!」とか
「メールアドレス教えて!」とか
とにかくこちらの連絡先を聞きたがるいわゆる「クレクレ」タイプの会員さん(´Д`;)
こういう会員さんはメルレとしてではなくリアルを求めている人が多く、出会い系と勘違いしているパターンもあります。
「おしえて~?」
「だめー?」
程度の冗談交じりな会話で終わるならいいのですが、これが毎日だったり数時間おきだったり、ひどいときには一日のうちに何度もしつこくメールしてくる人も…(´・Д・`;)
こうなってくるとちょっとどころかかなり面倒ですよね。
ただし!そんなメールでも私たちメルレにとっては収入源!!ここはひとつ、クレクレ系のメールを送る会員さんとうまく会話をつなげてメール数を稼いじゃいましょう!
クレクレ系困ったさんとのメールにおいて大切なことは、「険悪なムードにしない」ことが一番。
メルレにとっては数多くの会員の一人ではありますが、こういったクレクレ要求の激しい人の場合、ほかのメルレさんとのメールをせず自分だけにメールをしてきてくれる一点集中型であることが多いです。
プラスに言い換えれば「一途な人」なんですね。なので、メールのやりとりをする場合はあからさまに嫌がっているような対応をせず、

「それはちょっと無理なんです(>_<)でも、会話だったらたくさんできますから、お互いいろんなことを知れるようにメールしませんか?」 くらいの一言でうまーくスルーしていけばOK。教えて!という要求に対しては、 「サイトの規約で自分の連絡先は教えられない」 という答え方でも問題ありません(実際にそうなので)。あとは、 「よく知らない人に自分のことを全部お話しするのはちょっと抵抗が…(;_:)○○さんのこと、いろいろ教えてくれませんか?」 と、相手に興味があることをほんのり含ませた文章にするのも効果ありです☆ この場合、相手が 「じゃあ自分の連絡先教えるからそっちも教えて!」 という風に迫ってくることも考えられますが、そういう時は先にも挙げた「規約」という理由を挙げてかわしましょう。 もしくは、メール本文や添付画像に相手の電話番具やアドレスが記載されていたなんていうときは 「サイトの規制に引っかかって表示されません(>_<)or画像が開けませんよ~」という逃げ方もあります。 くれぐれも相手が教えたんだから自分も教えなきゃ…なんていう風には考えないでくださいね。 あくまでメルレは仮想空間でのやりとり。自分の情報を相手に伝える義務は全くありません(-`ω-)b なお、これはあくまでもクレクレ系の会員さんとのメールが苦にならない、という人にだけおすすめするメール術です。 ストレスを感じてまで困ったさんに対応する必要はありませんし、少しでも不安や危険を感じたらすぐにメールをやめて運営側に相談してくださいね。 どのくらいまでなら自分は大丈夫かな?というボーダーラインをしっかり決めて、その範囲でメールを楽しみましょう(*^-^*) あくまでも無理は禁物です。