メールレディ定番の困りごと、「直アド聞かれたら、どうする?」
メールレディのサイトは、うまく出来ていて、
自分のメールアドレスを公開することなく、男性会員とやり取りが出来るようになっています
自分がうっかり漏らさないかぎりは、相手に自分の住所や口座、電話番号やメールアドレスなどの個人情報を知られることは絶対にありません。

けれど、仲良くなってくると男性の方からよく言われるんです。
「直アド教えて?」ってσ(´┰`=)
サイトを通さずに、メールやLINEがしたいって求められます。

男性会員としては、サイトを通すとお金がかかるから、
気に入った女性と直接やりとりしたいんでしょう

実際に会うための、男性の最初の作戦とも言えるかもしれません。

けどれも、女性がメールレディをしているのは、ちゃんと目的があります。
メールレディをしている女性にとっては、
男性会員とのやりとりは仕事です!(^。^)

そこを理解していない男性は、純粋なんだな、と私は思っています。
男性会員と楽しくメールや電話で会話をするのは、お小遣いを稼ぐためなのに、
直接メールやラインでやりとりをしてては意味がありません。
あえて、タダ働きしたがるメールレディがいるでしょうか?

ちなみに、直接のやりとりは、サイトで禁止項目に入っています。
もちろん出会い系ではありません。相手の気持ちに配慮しながらも、しっかり断るのがベター♪

私は、こういった男性会員からのお願いは断っています。
だけど、メールレディのなかには、
教えたことのある方もいる、という話を聞いたことがあります。

よっぽど、その男性会員が気に入ってたか、
断りきれずに教えてしまったのか…。

教えなくていいことを男性会員に教えてしまったら、
サイトが責任を取ってくれません。

当然ですね、禁止事項を犯しているのですから。

教えてもらった男性会員からは、しつこくモーションがあるでしょうし、
悪用されないとも限りません

男性会員に直接のアドレスを求められたら、
対処方法はちゃんとあります。

でも、求められるってことは、自分に興味があるってことなので、
完全に拒否をすると、男性会員から返事がなくなることが多いと思います。

基本的な対処方法は、

うまく上手に、はぐらかすように、言いくるめてしまうことヾ(*´∀`*)ノ

上手にいいくるめてしまいましょう


出会ったばかりだから…(●´ω`●)
もっと、あなたのことを知ってから…。
以前、怖い思いをしたから…(T_T)
もっと、ゆっくり。私も気持ちも考えて?(o^^o)♪
お父さんが怒る…。
など

「今はまだダメ。もっとあなたのことが知りたい。
求めてくれる気持ちはうれしい」

これに、脚色をつける感じでしょうか( ̄ー ̄)ニヤリ

直アド・LINE・カカオIDを聞かれた時の対応文例

文例をいくつか挙げてみましょう。

携帯・スマホを他の人に見られるから

学生の方であれば、「父・母が定期的にスマホをチェックするから」
彼氏のいる方なら「彼氏が」既婚の方なら「主人が」
フリーの方なら、「友達が軽いノリでスマホ触ってくるんだよね~」

以前、困ったことがあったから

「アドを教えたら、相手が豹変してストーカー行為をされてトラウマになった」
悪戯で変なところに登録されたことがあってから、誰に対しても慎重になっている」
「みんな、すぐにメルアド聞いてくるから怖い

これに関しては
「あなたはそんなことをする人だとは分かっているのだけれど」のような相手を立てる言葉は必ずいれましょう♪

LINEやってません。やり方わかりません。

これは王道ですが、実際にLINEをやっていない人にとっては一番手っ取り早くて良いですね。
やっていても、スマホに詳しくないタイプの方であれば、
「IDの登録方法がわからない」「あなたのIDを検索したけど出てこない」も、こちらはやりたいのだけれど、出来ないというスタンスを貫けるところがオススメです。

規約で禁止されているから、ダメ。

この理由が使えるなら、苦労はしないのですが、
「メールアドレスを送ろうとしたら、運営にバレてメールを消されちゃった。」
「運営から、注意されちゃった。」のようなはぐらかし方は出来るかもしれません。

直アド・LINEを聞いてくるタイプの人

いろんな文面を挙げてみましたが、直接の連絡先を聞いてくる人は、最終的に出会いを望んでいる人が多く、長くは続かないという傾向もあります。

元も子もない解決方法ですが、

そのようなことを聞かれたら、
「そういうタイプの人なのかな」と諦めるのも一つです^^;
実際、そういう風に聞いてくるタイプの人とはメールをしないというタイプの人もいます。

一人の人の対応で迷うよりも、他の人を探したほうがはやいかも??