確定申告はメールレディにとって大切なものです!

当然、メールレディで収入があった場合、課税の対象になります。
税務署で確定申告を行って納税することになります。ただし、収入がいくらだったのか、ご自身がどのような所得を他に得ているのかによって変わってきます。

ご自身が本業を持ってて、副業としてお仕事をされる場合

20万円以内ならお小遣い程度の収入の「雑取得」という区分になり、申告は不要。それ以上であれは、申告が必要になります。

専業主婦でお仕事されている場合

38万円がボーダーになります。
所得税の計算方法には、基礎控除というのがありその金額が38万でそれまでは必要経費とみなされ収入はなかったということになるのです。
取得金額(38万円)-基礎控除(38万円)=課税取得(0円)
大学生や親の扶養に入ってる方でも、38万円までであれば、申告は不要です


※所得税の話とは別に38万以上稼ぐと扶養から外れることにもなります。
よく聞く「103万の壁」という単語は給与取得を得ている方の話でメールレディのお仕事などは給与取得控除(65万円)というのが使えないため、38万が、配偶者控除を旦那さまが受けられる上限になります。
旦那さまが扶養手当などを会社から支給されている場合は注意してくださいね。




メールレディの収入は、振込手数料を引いた実際にサイトから振り込まれた金額。
そこから、必要経費を差し引くことができます。
収入を得るために使ったいわゆる「経費」の領収書はちゃんと保存しておきましょう。

2必要経費は、お仕事をするためには通信費もかかりますし、
動画でCDを使った音楽を流したなら、そのCD代も計上できると思います。
必要なものを買いに行った時の交通費も計上できそうですね~。
画像や動画の撮影時の衣装代や化粧品代なども計上できたというケースも。
とすれば、とりあえず領収書はなんでも取っておくべきですね!ヾ(*´∀`*)ノ

もちろん経費にできるものとできないものというのがあります。明らかに違うと分かる場合は、突っぱねられます。その後、目を付けられちゃうキッカケにもなったりもしますのでご注意を。

後、ちゃんと確定申告をしておかないと、
税務署からの通知が来たり、追徴課税がかかって、困る事になるかもΣ(゚д゚lll)

申告期限から2年間は税務署から何の通知もなく、
5年後になって、5年前の追徴課税を行うこともありえるらしいです゚(゚´Д`゚)゚

それに、ガッツリ稼いでいるメールレディの人より、
ぼちぼち稼いでる方のほうが多いのでは?
一応、このボーダーラインの金額は頭に入れておいたほうが良いと思います♪

ボーダーラインを超えそうな方、他にも収入があって合算すると超えるかもしれなくて不安という方は一度税務署で税理士さんに相談すると良いでしょう♪
市や区によっては、無料の相談会なども行っているそうです。

a_annai_150pあと、覚えておくことは、
仕事を持ってて、副業でお仕事されているなら、
本業の会社に住民税の請求が行かないように、
確定申告の住民税の徴収方法は「普通徴収」を選ぶこと。

これだと、自分で直接納付することができます。

間違って、「特別徴収」を選択してしまうと、毎月のお給料から住民税を引いているので額面から副収入があること=副業をしていることがわかってしまいます。
職場に内緒で副業をされている方は注意です。
ただ、副業の内容までは通知されるわけではないですし、副業を許可している会社も増えてきました
就業規則を確認してみてくださいね!