男性会員は、どんなふうにお金を支払っているの?

メールレディの報酬の支払いは銀行口座に振込なんですけど、
逆に、男性会員が運営会社に支払う方法ってどうなっているんでしょう?

男性のメールレディの会社に対する支払いシステムは「ポイント制」です。ポイントを買って、サービス(メールやチャット)を利用するたびに、そのポイントが減っていき、なくなったら再度購入する、というシステムになっています。

そのポイントは正会員登録した時点でもらえる無料体験ポイントの他、お友達紹介ポイントとか、クレジットカード認証ポイントとか、サイトによっていろいろサービスがあるみたいです。

「初めてのポイント購入でポイント増額プレゼント」なんて購入意欲をくすぐらせますよね。

無料で楽しめるゲームアプリやオンライン英会話サービスなどと同様です。
「無料体験分だけ楽しもうと思ったつもりが、思ったより良いサービスなので、お金を払って続けたくなった」
と、お客さま(男性)に思わせなくてはいけません。

そこがメールレディの腕の見せ所です。

たまに「ポイントが少ないから、直接連絡できるメルアド教えて」なんていう男性がいますが、そういう口車には絶対乗ってはいけませんよ。

個人情報は自分を守る盾ですし、一度メルアドを教えてしまえば、その人が後日ポイントを買ってメールレディとしての自分にメールをくれることはないでしょう

大切な顧客を失い、収入が減ってしまうことになります。
見た目が好みで話が弾んだ男性だと親近感もわいて、ついつい親切にしたくなりますが、相手の写真も100%本人のものとは限りません

そこは「これは在宅ワーク、れっきとした仕事」と割り切って対応しましょう

うまくポイント購入に持っていくことができた人は、きっと他の営業職でも「成功する見込みアリ」な人ですよ。

子どもの塾代など生活費の一部を稼ぐつもりで在宅メルレをはじめたママさんが、男性とのやりとりで自信をつけ、夫の扶養家族から外れて確定申告が必要になるほど稼ぎはじめた、という例もあります。

普通に男性とやりとりするのに飽きた時は、そういう「商売」という目でメールレディのお仕事を見直し、取り組んでみてくださいね。(そのママさんは、会社を起こすそうですよ。すごい!)

今までと違うアプローチができて、新たな常連さんをGETできるかもしれません。

男性のポイント購入

メールレディサイトを利用する男性の決算方法は、

クレジットカード決算
各種コンビニ決算
(楽天Edy、C-CHECK、コンビニダイレクト、BitCashi EX)
銀行振込み

などがあります。
クレジット決済の場合、カード会社の内容を等を申告する必要がありますが、それ以外では、特に男性側は免許証の提示など詳しい個人情報をサイト側に伝える必要がないので、手軽に利用を開始できますね。

上にも書きましたが、この決済方法で購入したポイントのほか、プレゼントされるポイントを使って、メールレディにメールを送ります。

メール送信、動画メール送信・受信、音声通話、などそれぞれのサービスごとにポイント額が決められており、都度引かれていくしくみになっています。

楽しい会話が続けば、知らないうちにポイントが減っている!というわけです

男性が我を忘れて夢中になるほどの、メールをやりとりしたいものですね。

どのサイトでも基本的に女性の自己紹介画面(プロフ)の閲覧は無料になっています。

そこで男性は、どの女性なら「お金を払ってでもメールしたいか」と品定めするわけです。

このプロフだけが無料で楽しめる部分ですので、男性は時間を気にすることなく、誰にしようか心ゆくまで吟味することができるのです。

そう考えるとプロフがいかに重要かがわかりますね

数いるライバルたちの中から自分を「ぜひに」と選んでもらわなくてはなりません。
プロフでは心を込めて、自分の素敵なところをアピールしましょう。